どこで借りれば良いのかよく分からない

MENU

どこで借りれば良いのかよく分からないときに考えること

まず初めに誤解のないように聞いてください。「どこで借りれば良いのか良く分からない」と言ったこのような良くある質問に答えるならば、すばりどこで借りても問題ありません。少し噛み砕いて言うならば、「一般的な知名度を持つ金融機関からなら、どこでお金を借りても特に大きな違いはありませんし、何の問題ありません。」ということです。

 

一般的な知名度がある金融機関なら問題無いと書きましたが、昨今、IT環境も整備されてきましたのでネットから利用できる金融機関がこれからはおすすめではないでしょうか。パソコン、携帯、スマートフォンから利用できるおすすめの金融機関はこちらです。

 

もちろん、金利、限度額、返済日、返済条件等いろいろ考えなければならない必要はありますし、いざ借りるとなったら、慎重に契約内容を比較する必要もあります。

 

現在は法律も改正され、「これこれ以上の金利では貸してはいけない」と言う制度がキチンと整っています。一時はマスコミも厳しい取り立てをする金融機関を激しく叩きました。ですので、現在も同じような卑劣な回収をする大手金融機関はありません。利益至上主義から、貸出金利を抑え、借りやすい、返しやすい金融機関に業界全体が脱皮したのです。ですから、基本的な考え方として、名の知れた認知度の高い大手の金融機関が融通してくれるお金ならば安心して借りる事が可能です。要するに、お金を借りようと思ったら、どこででも(闇金融を別として)オッケーなのです。

 

業界を大別すれば、銀行の無担保ローン、銀行系消費者金融、流通系クレジットカード、消費者金融、銀行系クレジットカードなど、さまざな形に分けられます。お金を貸してくれる機関はたくさんあり、それぞれに一長一短があるのです。

 

銀行の無担保ローンは、金利こそ他の金融機関より比較的低いですが、審査が厳しく、申請をして一週間ほど待たされたあげくに、お断りなんて話もあります。一方で、多少金利は高いですが、18歳以上なら、派遣社員やフリーターでも、30分ほどの審査でお金を融通してもらえるのが消費者金融です。

 

借り入れが比較的小額で短期なら、金利こそ高めですが消費者金融はもっとも使い勝手が良いとも言えるのです。消費者金融はATMの設置台数が多いので、借りる時もですが、その分返す時も24時間便利に返済できます。身近に返す場所が多く確保されていなければ、当該の場所まで出向かなければならず、返済日に急な用事が出来て、万が一そこへ足を運べなくなったとすれば、その遅れた1日、2日分の無駄な金利を払わなければならないのです。そんな不便さを現実に感じる日が来るかもしれません。

 

要するに、現在の金融業界は全体的に安全で安心出来るので、後は自分がどのような点を重きに置くか、金利の低さなのか、急ぎである点なのか、便利さなのか、その他いろいろ、性質の違いで具体的な金融機関を決めれば良い、それだけの話なのです。

 

キャッシング総合ランキング

モビットでお金を借りる方法 モビット
いつでもどこでも困ったときに頼りになります!
最大800万円という大きな融資枠と、3.0%〜18.0%という金利設定は、業界でも屈指の水準で、多くのユーザーから支持を得ています。また、モビットはテレビCMでもお馴染みで、パソコンやスマホのネットから色々出来る便利な会員サービスも充実。誰にもバレずに内緒で借りるならモビットがオススメです!
楽天銀行スーパーローンでお金を借りる方法 楽天銀行スーパーローン
コンビニATMが利用できるから超便利!
ネットに強い楽天銀行のカードローン!パソコン・スマホ・ダブレットを使えば、24時間いつでも、どこにいても借り入れ可能です。コンビニATMも利用出来るのでイザという時の使い勝手はバツグン、はじめてのカードローンなら楽天銀行がオススメです。

おすすめのキャッシング一覧はこちら


関連ページ