お金を借りる賢い方法

MENU

知っている人だけ得をするお金を借りる賢い方法

何がベストな借り方か考える

お金を借りる賢い方法は、人それぞれ置かれた状況によって異なります。

 

急な出費で給料日まで手元の資金が足りない、でも、次の給料で必ず全額返せると言うなら、何も迷わず、無利息期間を設けたキャッシングサービスがあるアコムなどを選ぶことをおすすめします。

 

無利息期間のサービスがあるキャッシングは、1週間から30日間の無利息期間を設けた商品が一般的ですが、何しろ利息が無いわけですからお得に借りられるわけですよね。

 

他には、不動産を持っている方、不動産担保ローンを利用すれば一般的な消費者金融等よりも安い金利で借りられます。ですが、金利が安くなる分、審査にも一般的な消費者金融等よりも時間がかかります。でも、不動産を持っているのにもかかわらず、今すぐお金が必要なんだ…、審査を待っている時間的余裕がない…、と言う方、賢い方法を教えます。

 

まずは、無利息期間を設けた審査の早い無担保の商品を申し込むと同時に、金利の安い不動産担保ローンを申し込みましょう。とりあえず、無利息のお金を使って急場をしのぎ、時間をかせぎながら不動産担保ローンが一足遅れて審査を通過するのを待ちます。

 

晴れて審査に通過したら、その安い金利のお金で無利息のお金を無利息期限内に一括で返済してしまうのです。そうすれば、余分な金利の利子を払わずに済みますね。

 

もちろんこの手法は、不動産を持っている人だけでなく金利の安い商品を選びたいのだが急な入り用がある人全てに応用できます。また、生活が厳しくて抜き差しならない状況でお金が必要な人、こう言った方に必要な賢い借り方は、上手な商品の組み合わせです。

 

精神的ゆとりを確保するために

多重債務と言う言葉があります。いくつかの金融会社に借り入れがある状態を言います。ですが、多重債務にも善悪の程度があり、最もよくないのは借り入れの返済を他社の借り入れで返すと言う自転車操業的借り入れです。心理的にもきつく、近い将来よくない結末が待っているかもしれません。このような状況に陥ってしまうかも、と、思うほど生活が厳しかったり、状況が切羽詰っている人に上手な借り方を教えます。それは、初めから2社にお金を借りる先を分けておくのです。

 

どう言う事でしょうか?1社の限度額ぎりぎりまで借り切った場合、返済がとどこおった時のリスクがあります。何らかの事情で、どうしても返済が遅れた場合、その1社の返済に追われて自転車操業的に他社に駆け込んで契約する時の精神的負担は余り好ましい種類のものではありません。このような状態に陥る前に、予めゆとりを持って2社から分散して借り入れてしまうのです。これも一種の自転車操業ですが、返済が遅れた場合を考えれば、精神的ゆとりを確保できるメリットがあります。2社から分けて借りれば、限度額までゆとりがある分、融通が利くので、返済の遅れるリスクも回避できますからね。

 

ですが、分けて借り入れる場合、抑えてもらいたいポイントがあります。予め同時に2社から借り入れる場合、それぞれの会社が定める限度額の半分以上は借りないで下さい。結局限度額いっぱいまで借りると言うのは返済遅延のリスクが生じます。ですからまず、お金を借りるとき、最初に申し込む予定の会社が定める限度額の半分までで、自分のニーズを満たす事が出来るのか、チェックしましょう。もし限度額の半分までで済まないなら2社目を考えましょう。万が一、2社の定める限度額の半分を足しても足りないと言うのなら、予め3社目を検討しましょう。

 

くりかえし断っておきます。このようなやり方も一種の多重債務です。とは言え、返済に追われて結果的に同じ状況に陥るなら心理的にも信用的にも少しでも有利な状況で同じ状況に立ち向かいたいものです。

 

皆さんが少しでも賢い方法を選択する毎日を応援しています。

 

キャッシング総合ランキング

モビットでお金を借りる方法 モビット
いつでもどこでも困ったときに頼りになります!
最大800万円という大きな融資枠と、3.0%〜18.0%という金利設定は、業界でも屈指の水準で、多くのユーザーから支持を得ています。また、モビットはテレビCMでもお馴染みで、パソコンやスマホのネットから色々出来る便利な会員サービスも充実。誰にもバレずに内緒で借りるならモビットがオススメです!
楽天銀行スーパーローンでお金を借りる方法 楽天銀行スーパーローン
コンビニATMが利用できるから超便利!
ネット強い楽天銀行のカードローン!パソコン・スマホ・ダブレットを使えば、24時間いつでも、どこにいても借り入れ可能です。コンビニATMも利用出来るのでイザという時に使い勝手は抜群、低金利のカードローンなら楽天銀行がオススメです。

おすすめのキャッシング一覧はこちら


関連ページ