賢いお金の返し方

MENU

誰でも簡単に実践できる賢いお金の返し方

借りたお金はいつか返さなくてはなりません。当たり前の話ですね。ですから、同じ返すにしても上手に返したいものです。

 

返済期日は必ず守る

まず、お金の返し方として大前提は、決まった金額を決まった日に支払うことです。これ以上の賢いお金の返し方はありません。

 

初めは誰でも決まった日に決まった額を返そうと考えています。でも、万が一の事態が起きてお金が足りなかったり、返済日を過ぎてしまったりと、誰でもこのようなリスクは抱えています。

 

仮に、このような事態が起きてしまったときは、借りた相手に返済日が来る前に必ず連絡をしておきましょう。返済が遅れるなんてちょっと言い辛いかも知れませんが、今月は返せないと正直に相談するのです。

 

最悪の場合、一括返済を求められることも

「期限の利益喪失」と言う言葉があります。借りたお金を分割で払う場合、毎月、借り入れの一部ずつ返済を続けていけばそれでよく、一度にお金を全額返す必要はない、つまり、毎月決められた額を返済すれば、残りは翌月以降の各月支払い日までお金を支払わなくても良いと言う利益を、借り手は契約時に獲得します。

 

しかし、毎月決められた額の支払いが滞れば、期限の利益を失い、借り入れの残金を一括で払わなければなります。一回や二回の支払いが遅れても期限の利益を失って一括払いを求められるケースはほとんどありませんが、借り入れた相手から契約上は一括払いを求められても文句は言えない立場に置かれてしまうのだと覚えておいて下さい。

 

事前に連絡を入れれば「期限の利益喪失」はほぼありません。悪質な遅延者、何ヶ月も連絡もなく支払いが遅れている人、支払いが遅れている間に勝手に住所や電話を変えて連絡が取れなくしてしまうような人には一括返済を求めるケースもあるのです。

 

少しの遅れだけならきちんと対応すれば許してもらえますが、皆、一括返済の義務を抱えている事実だけは忘れないでください。支払いの遅れに良い点など無いのです。支払いが遅れれば、その分、無駄な遅延損害金を払わなければなりませんし、心理的にも、穏やかと言える何かを感じられる訳でもありません。

 

返済分のお金は別管理にしておく

大事なことなので繰り返します。決まった金額を決まった日に支払う。これ以上の賢い返済の方法はありません。

 

そして、常に金利を意識して、もっと低い金利で借りられる場所があれば面倒くさがらずに借りかえる。常に返済方法や返済額を見直し、余裕がある時は1円でも良いから多めに返しておく。給料など所得があったら、その月分の返済額を封筒に入れて誰かに預かってもらうのも良いかもしれません。返済したら必ず領収書を受け取り保管しておく。

 

当たり前の事ですが、常に上記の項目を意識して、賢いお金の使い手になりましょう。

 

複数の借り入れがあるときは借金をまとめてみる

借金がいくつもあるようでしたら、思い切って借金をひとつにまとめてみるのも良い方法です。なぜなら借金をひとつにまとめることによって金利が低くなることが多いからです。

 

たとえば、キャッシングで借金が3つあったとして、いづれも50万の借り入れがあって総額150万だとすると、おそらく3つの借金の金利は18%になっていると思います。これを1つの150万円のローンに借り換えすると、100万円の上限金利が15%になるので、これだけでも単純に金利3%のお得になります。

 

ですが、借り換えローンやおまとめローンといった商品を利用すればもっともっと金利をお得にできるようになります。たとえば、楽天銀行スーパーローンなどです。金利を確認してみると今すぐにでも借り換えしたくなると思います。

 

キャッシング総合ランキング

モビットでお金を借りる方法 モビット
いつでもどこでも困ったときに頼りになります!
最大800万円という大きな融資枠と、3.0%〜18.0%という金利設定は、業界でも屈指の水準で、多くのユーザーから支持を得ています。また、モビットはテレビCMでもお馴染みで、パソコンやスマホのネットから色々出来る便利な会員サービスも充実。誰にもバレずに内緒で借りるならモビットがオススメです!
楽天銀行スーパーローンでお金を借りる方法 楽天銀行スーパーローン
コンビニATMが利用できるから超便利!
ネットに強い楽天銀行のカードローン!パソコン・スマホ・ダブレットを使えば、24時間いつでも、どこにいても借り入れ可能です。コンビニATMも利用出来るのでイザという時の使い勝手はバツグン、はじめてのカードローンなら楽天銀行がオススメです。

おすすめのキャッシング一覧はこちら


関連ページ