懐がピンチの時は無担保ローンを活用

MENU

借金を恐がったり恥じる必要はありません

長引く不況の中で収入は減る一方です。サラリーマンのボーナスカットもざらで、給料日前になると生活費に困ることも珍しくなく、家計のやりくりも大変なのが本音ではないでしょうか?

 

そのような状況下で、お金に困ったときや、ちょっとした懐がピンチの時に助けてくれるのが無担保でお金を借りられるキャッシング・ローンなのです。

 

それで、金を借りるにはどうすればいいの?

 

実際、「無担保ローンっていっても色んな商品やたくさんの会社があって何を選んで良いのか分からないし、お金を借りるなんて初めてでちょっと不安」と言うのも本音ですよね。

 

だから、最初に知っておいてもらいたいことがあります。

 

それは、必要以上に不安にならないこと、自分で経験したことのない言われのない偏見は頭から捨て去る事です。今やキャッシングでお金を借りることは人並みの生活を維持する為には欠かせない知恵であり、多くの人が現実に利用している生活のためのツールなんです。

 

お金を融通してもらう、何も今に始まった考えではありません。

 

ひと昔前の庶民は、「質屋」さんに代表される庶民金融を生活の中で賢く利用していました。誰でも「質屋」さんの存在はご存知だと思います。家の中から何か質草を探し、質屋さんに持っていって、その代わりにお金を融通してもらう。

 

落語や当時の文学作品にも、質屋さんが舞台として頻繁に出てくるほど、生活に根ざした立派な金融機関だったのですね。ですが、日本が高度成長期に突入して、大量生産、大量消費の時代になると、質草になる物自体の価値が下がって、「質屋」さんは商売が成り立たなくなりました。

 

その代わりとして出てきたのが、今で言う消費者金融です。

 

質草の代わりに、利用者の信用でお金を融通してくれる場所ですね。何もひょっこり誕生した訳ではなく、昔から続く庶民のニーズに応える形で消費者金融が生まれたのです。だから、お金を借りる行為に対して必要以上に恐がったり、恥ずかしがったりする必要はありません。

 

お金を借りることに対し理解を深めて、キチンとした計画を持ち、借りて、返す、ただそれだけです。だから、「お金を借りるにはどうすればいいのか?」それに対する最初の答えは、まずは「お金を借りる行為に対してのいわれのない偏見を捨てるべし」ということです。

 

キャッシングは気楽にというと語弊があるかもしれませんが、借金をすることに対してそんなに構える必要はないということです。

 

おすすめキャッシング・カードローン

SMBCモビット
いつでもどこでも困ったときに頼りになります!

株式会社モビットは2017年12月1日に社名が株式会社SMBCモビットに変更になりました。

最大800万円という大きな融資枠と、3.0%〜18.0%という実質年率は、業界でも屈指の水準で、多くのユーザーから支持を得ています。また、SMBCモビットはテレビCMでもお馴染みで、パソコンやスマホのネットから色々出来る便利な会員サービスも充実。はじめてお金を借りるならSMBCモビットがオススメです!
楽天銀行スーパーローン
コンビニATMが利用できるから超便利!
ネットに強い楽天銀行のカードローン!パソコン・スマホ・ダブレットを使えば、24時間いつでも、どこにいても借り入れ可能です。コンビニATMも利用出来るのでイザという時の使い勝手はバツグン、はじめてのカードローンなら楽天銀行がオススメです。

その他のおすすめのキャッシングはこちら


関連ページ